ホーム > 前立腺炎 > 慢性前立腺炎の原因や症状について

慢性前立腺炎の原因や症状について

まず慢性前立腺炎といってもいくつか種類があります。そもそも前立腺炎とは、前立腺に炎症が起きる病気のことを言います。前立腺は男性の性器の一つであり、精子が尿路へ合流する場所のことを言い、精液の一部を精製しているところを指します。この前立腺炎は若い人に多くみられ、男性のおよそ半分が一生の内一度はかかる病気と言われています。慢性前立腺炎の完治のために必要なこと | 前立腺炎完治.jp

この前立腺炎の原因についてですが、大きく細菌によるものとそうでないものに分けることができます。細菌による場合、まず尿路が感染したあとで、前立腺に感染するパターンがほとんどです。細菌は大腸菌などに感染し炎症を起こしたり、性行為によりクラミジアや淋病に感染することにより発症するものもあります。一方細菌によるものと証明されないケースの前立腺炎も多くあり、タイトルの慢性前立腺炎のおよそ9割はこの非細菌性によるものであるとされています。

前立腺炎の症状について、会陰部や骨盤のあたりや下腹部に違和感があったり、痛みがあったりします。他にも排尿時に違和感があったり、痛みがあったり残尿感があったりします。尚、睾丸に痛みがある場合は、前立腺炎と合わせて精巣上体炎という病気も発症している可能性があるので要注意です。これらのことを踏まえ、少しでも違和感などを感じた場合は速やかに医療機関を受診することをおすすめします。